有限会社エファ有限会社 エファ

028-639-1020月〜金 | 9:00-18:00

スタッフブログ

2020.09.21最近の出来事をちょっと小説風に。

2020.09.21最近の出来事をちょっと小説風に。

これは、実際にあった出来事である。 仕事から帰って、夕食を済ませのんびり過ごしていた日のこと。 ちょっと甘い物が食べたいと思い、夜21時頃にコンビニへ向かうことにした。 靴を履いて玄関のドアを開けようとした時 “ドンドン、ドンドン” とドアを叩く音がした。 インターフォンがあるのに、ドアを叩くことに違和感を覚えたが、いきなりドアを開けることは危険であると判断し、覗き窓から外を覗いてみる。 ―誰もいない。 しかし、ドンドンとドアを叩く音は鳴りやまない。 私は怖くなり、2階でくつろいでいる主人に助けを求めた。 「あぁ、それね。」 まるでよくあることであるかのように、主人は冷静で表情も変わらない。 気にしなくて大丈夫、とだけ言い放ち、怖がる私を気に留めないので思い切ってドアを開けてみることにした。 ガチャッ そこには誰もいない。私に見えないなにかでもいるのだろうか。そんなモヤモヤを抱えながらコンビニに出かけた。 それから数日後のある日、主人と買い物に行こうとして玄関に行くと、同じように“ドンドン、ドンドン”とドアを叩く音が。 主人はのぞき穴を確認することなくドアを勢いよく開けた。 そこにいたのは可愛い猫であった。 なぁんだ、猫かと言いたいところだが、猫がドアをドンドンと叩く行為は普通なのだろうか? ましてやコレが初めてのことではないので私は不思議でならなかった。 すると、主人が 「いつも、ウチにくる猫だよ」 とまるでこれは日常であるかのように話すのだ。 いやいや、毎回同じ猫がウチのドアを叩くのは日常ではないし、普通ではないように私は思う。 買い物に向かいながら、主人に聞いてみると 「あの猫は、俺が仕事帰りによく遭遇する猫で、たまに餌をあげるから、それをもらいにウチまで来ているだけじゃない?」 と言うのだが、私は色々と考え込んでしまった。 猫の餌を、そんな偶然に持っていることがある? たとえそれで懐いたとしても家まで猫に特定されるもの? そして、猫がドアを叩く? 私が納得していない表情をしていたのに気づき、主人が徐に自分のカバンの中を見せてくれた。そこには、猫の餌が入っている。 ちなみに、我が家は猫はもちろん、動物を飼っていない。 主人の口が開いた。 「猫によく会うから、かばんの中に餌を入れておいて、いつでもあげられるようにしているんだ。」 そして、主人が言うには、いつもドアを叩いているのは同じ猫で、結構な頻度で来ているらしい。 餌をもらうために家を突き止め、ドアを叩く猫の執念もすごいことだが、それを受け入れている主人もすごいと思うしかなかった。 私の中でのモヤモヤはまだ完璧に晴れたわけではないが、一旦納得するしかないだろう。 私はどちらかというと、霊感がある方だが最近、頻繁に鳥肌が立つのは何故なのだろうか。 もう夏も終わり、秋の風がひんやりしている。きっとこの肌寒い風のせいだと思いたい。 (Y) ~お客様の身近な専門家 頼れるパートナー~  栃木県 研修なら 有限会社エファへ~

日常ページトップへ▲

2020.09.15研修を受けるにあたっての心構え

2020.09.15研修を受けるにあたっての心構え

エファでは様々な研修を行っています。 新人研修、管理職研修、ハラスメント研修などです。 年代や性別を問わず、社会人として、組織の一員として必要なスキルを 研修を通してみなさんにお伝えさせていただいています。 当然ですが、弊社スタッフも研修を受けることがあります。 いくつになっても研修を受けると新たな発見があり、身の引き締まる思いがします。 まあまあ年齢を重ねていますので、ある程度の常識はあると思っていましたが、 ひと昔前の常識は今や非常識となりつつあるようです。 そんな私は研修を受講する際に気を付けていることがあります。 それは心構えです。先入観を持たず、耳と心、頭を開放して、素直な気持ちで 受講しています。新卒の新入社員のようにです。 「そんなことは知っている」と思ってしまうと、新たな情報はなかなか入ってきません。 たとえ以前に聞いた事だとしても、何故、どうしてなのか、相手からの見方、上司や部下からの見方など違う角度から考えることで、もっと深く理解することが出来るのです。 どうしても何度も研修を受けていると、内容を深く理解する前に早合点することがありますが、研修とは深く理解すること、理解するきっかけを作ることが大事なのだと思います。特に会社の同僚と受ける時はお互いに研修で感じたことを仕事の中で活かしていきたいです。講師の言葉や資料を基にコミュニケーションや仕事のやりがいを再発見していきましょう。 みなさんもいろいろな研修を受講されることでしょう。 講師の言葉に素直に耳を傾けてみてください。 そこから、新しい発見があるかもしれませんよ。(A) ~お客様の身近な専門家 頼れるパートナー 栃木県 研修なら 有限会社エファへ~

日常ページトップへ▲

2020.09.04決断

2020.09.04決断

甲乙つけがたい、けれどいずれか一方しか選べない。二者択一に迫られて困る、という経験は誰にでもあると思います。 そんな時は、コストパフォーマンスで選ぶ、直感を信じる、時勢を読む、他人に判断を委ねる、一旦保留にする等、人によってシーンによって、どちらを選ぶか、はたまた今すぐに選ぶか否かを決断する必要があります。 人生において本当に大切な事柄についての選択は熟慮する必要がありますが、こと日常では、おおよその場合、他人からすれば複数の選択肢から2択になっている時点でどちらを選んでも大差は無かったり、数年数十年後に振り返ればどちらを選んでも大丈夫だったな、という場面が多かったりします。 しかし、それはあくまで他人から見た場合であり、未来から見た場合でありの話です。 現在の自分にとっては、日々の二者択一はそこそこの大問題、一大事です。 「冷奴は、絹ごしか、木綿か。」 様々なビジネスシーンで、気楽に始めたはずのSNSで、避けては通れない隣人や同期の人間関係で、などなど、我々は、常にストレスに晒され、知らずに気を張って毎日を過ごしています。 そこで、日々の生活で起きる自分や家族にとっての2者択一、選択に迫られた場面では、 「今の私にとっては一大事、大問題だけれども、ちょっと待てよ。実はどっちでも良いんじゃないだろうか。」 そんな風に、肩の力を抜いてみるのも良いのではないでしょうか。 きっと大丈夫。 絹ごしも木綿も、どちらを選んでも、間違いなく美味しいですから。 時には、小さな贅沢やほんの少しのリッチな物を使ってみるのも素敵ですね、というお話です。 先日、諸事情ございまして、お値段がちょいとお高めの箱ティッシュを購入する機会がありました。 既にご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、ティッシュにせよトイレットペーパーにせよ、ピンからキリまでたくさんの種類がありますね。 普段はドラッグストアで売っている、本当に一般的な普通の箱ティッシュを使っているのですが、そのタイミングで1箱自分が使うチャンスに恵まれました。 いやはや、まずは見てびっくり。箱の荘厳さが尋常ではありません。 そして、使ってまた驚き。某セレブを超えるしっとり感と、鼻への優しさ、慈しみに溢れた感触。本当に驚きました。 日頃から使えるようなものではありませんが、全く手が出ないようなものでもない。 そんな、小さな贅沢やちょっぴりリッチな物って、実はたくさん溢れています。 今日はちょっと良いお豆腐で冷奴を。 ティタイムに、少しだけ奮発したケーキを。 厳選されたコーヒー豆を。 気になっていた石けんを。 清水の舞台から飛び降りる程ではない、お財布にも優しい小さな贅沢が、繰り返す日常のアクセントとなり、ほんのちょっとだけ楽しく毎日が過ごせるのではないでしょうか                                   (Y2) ~お客様の身近な専門家 頼れるパートナー  栃木県 研修なら 有限会社エファへ~

日常ページトップへ▲